保険の相談をお考えの方必見~サイト6選

HOME > 保険の相談について > 保険では社会保障と組み合わせた相談を受ける

保険では社会保障と組み合わせた相談を受ける

日本は先進国の一つで、経済的には豊かな国として知られています。財政状態は決して良くないとされていますが、それでも破綻するなどの話はあまり聞きません。これからも問題なく生活することができるでしょう。日本で生活していると、日本の社会保障を受けられる可能性があります。誰もが受けられるわけではありませんが、一定の条件に該当すれば受けられます。何らかの金銭的な負担があるとき、社会保障制度を利用することでその負担を軽減することができます。これまで受けたことがない人はその仕組みを知らない人もいるでしょう。どんな仕組みがあるのかを知っていれば、それでは足りない部分、十分ある部分を知ることができます。十分であれば自分で用意する必要はありませんし、足りないなら差分を用意しないといけません。

社会保障の一つとしては年金があります。国民年金は20歳から60歳の人が加入することになっていて、基本的には老後の年金を受けるために加入します。意外に知られていないのがそれ以外の理由でも受けられることでしょう。亡くなったときには生命保険を用意しておかないといけないと感じますが、条件が満たされれば国民年金や厚生年金などから遺族献金が受けられます。遺族年金が受けられるならそれなりに生活が楽になるので、その分の保障は不要です。自分が亡くなったときの商品に加入するときは、遺族年金などを加味して足りない分を受けられるようにしておきましょう。これらの相談を受けておけば、無駄に支払いをしなくて済みます。その他障害年金と呼ばれる年金もあります。各市区町村から受けられる給付もあるかもしれません。

病気やけがをしたときに気になるのが、入院や手術をしたときにかかる費用でしょう。何日も入院をして手術を受けるとなると、かなりのお金がかかります。その時のために民間の商品に入っておくと良いとされています。日本においては、健保と呼ばれる制度があり、通常の医療費は3割の負担で済みます。1箇月当たりの費用が大きくなったときには、高額療養費と呼ばれる制度があります。手術や入院は、特別なものを選ばなければ大抵3割や高額療養費の対象になるので、毎月の負担額は多くて10万円前後です。これで足りないのであれば、加入を検討すると良いでしょう。三大疾病など特定の病気に対応する商品などがありますが、それらの病気になったときに大きな治療費がかかるときに給付が受けられます。こちらは入った方がいい場合もあります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP