保険の相談をお考えの方必見~サイト6選

HOME > 保険の相談について > 保険における告知義務は何を意味するかを聞く

保険における告知義務は何を意味するかを聞く

サービスを利用するとき、年齢制限などがあるかもしれません。その時には自分の身分証明書などを提出します。それによって年齢確認ができるので、サービスが利用できるかどうかが分かります。未成年か成人かで買えるものなどもあるので、その時にも身分証明書を出せば問題ありません。その一方でアンケートのようなものに応えないといけない場合があります。投資に関するサービスを受ける時には、そのアンケートの内容によっては利用できない可能性もあるようです。リスクがある商品に投資をするとき、リスクを許容できないなどと書くと利用できません。証券会社などで申し込むときには、書き方を教わります。そこをバツにしていると利用できないので丸にしてくださいなどと言われます。アンケートなのか単なる手続きなのかわからなくなるかもしれません。

死亡や医療に関する保険に加入するとき、いろいろな書類のやり取りがあります。その一つとして告知書があります。加入する商品などが決まるとその用紙を渡されます。ネット系ならネット上にチェックをしていくことで告知ができます。こちらも何にチェックをしているか、病歴などによっては加入ができなかったり費用が変化したりするようです。それなら入れるように回答しても良いのかです。本当は病歴があるのにそれを書かなかったり、血圧などが高いのに標準のように書いたりです。病院での診査なら病院から情報が行くので自分で書き換えはできませんが、告知は特に何か根拠のある書類を提出するわけではありません。まさに自分の頭の中にある考えをかけそうです。本当のことを伝えた方がいいのか、少しぐらい違っていてもいいのかです。わからないなら告知に関する相談をしてみましょう。

保険においては、大数の法則で成り立つ仕組みになっています。確率などによってそれぞれ死亡率や病気への羅漢率などが決められています。死亡しやすい人、病気になりやすい人が加入すれば、その分誰かが負担しなければいけません。そのために行うのが告知になります。誰でも加入できるわけではありません。ですから告知は正確に行う必要があります。もし告知内容に虚偽があると、契約自体がなかったものとされる可能性があります。支払ったお金も戻されず、当然保障なども受けられません。告知違反をするのはあまり得とは言えません。告知をしたときには特に過去の医療の状況などは調べられませんが、いざ給付されるときには告知が正しいかどうか調べられます。ですから初めから正確に書いておいた方が良いと言えるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP