保険の相談をお考えの方必見~サイト6選

HOME > 保険の相談について > 保険の相談をして負担額を減らす

保険の相談をして負担額を減らす

毎月少しずつ払っていると、あまり多く払っているとは感じないかもしれません。住宅ローンにしても毎月数万円ずつの支払いで返済ができます。でも30年近く続けていれば数千万円以上の支払いになります。結構な支払額になると言えるでしょう。毎月30年払うとすると360カ月になります。1円減らせば360円の減額になりますが、100円なら3万6千円減らせ、千円減らせると36万円も減らせることになります。非常に大きな金額と言えます。住宅ローンに次いで支払いが多いとされるのが保険と言われています。生命に関するものもあれば医療に関するものもあります。これらをうまく減らすことができれば、かなり負担が減らせるかもしれません。この時には、専門家に相談をするといいでしょう。今入っているものから減らせるかどうかです。

まず行わないといけないのは、今加入しているものが適正かどうかでしょう。いくら低くても保障が足りなければ意味がありません。まずは自分に必要な保障がどれくらいなのかを計算してもらいます。そして、今はいっているものでそれが賄われているかを調べてもらいます。もし過剰になっているなら、その分を減らせば無駄を減らせます。いくつも加入している人は、知らないうちに過剰になっていることが多いようです。生命や医療の場合は、その事情になったときにもらえるので損保などよりも無駄はありません。ただ、もらえなければ無駄になります。まずは過剰部分をそぎ落とせるかどうかを見てもらい、それによる負担の減額を試みます。これまで見直しをしてこなかった人であれば、少なからず過剰分が見つかる可能性があります。

保障を変えずに負担を減らす方法として、終身や養老などの貯蓄性のあるものから掛け捨てに変更する方法があります。毎月の負担額から貯蓄部分が削れるので、その分支払いは減ります。ただし将来受けられる可能性のある給付がなくなります。支払いがどうしてもできなくて厳しい場合には定期への変換は有効と言えます。しかし、銀行の定期預金よりも利回りがいいこともあり、以前から加入しているならそのまま入っていた方がいいこともあります。定期タイプよりも安くなるのが収入保障と呼ばれる商品です。年齢が上がるほど受ける金額が減るタイプですが、その分負担額がかなり安くなりますそのために注目されている商品緒一つです。無駄な特約を見直すのも減らすのに役立ちます。毎月数百円でも、受ける可能性のないものは外しましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP