保険の相談をお考えの方必見~サイト6選

HOME > 保険の相談について > 初めて生命保険に加入したいときに相談

初めて生命保険に加入したいときに相談

自分が死んだらどうなるかを考えるとしたら結構年齢が高い時かもしれません。その他病気になったときなどに考えるかもしれません。若い時などはまさか自分が死んだらとは考えにくいです。しかし万が一は誰にでもあります。急に不治の病にかかるかもしれません。何らかのトラブルに巻き込まれるかもしれません。もし自分自身が働いていて、その収入で生活している人がいるなら、自分が死ねば養われている人は生活できなくなります。働いていないとしても葬式を行うとすればそれなりにお金がかかります。その負担を誰が行うかです。数万円や数十万円ぐらいなら何とかなるとしても、100万円以上のお金が必要となると急には準備できないでしょう。今自分自身に貯蓄がないのであれば、何らかの形でお金を準備する必要があります。

これまで生命保険に加入したことがないなら、まずは相談をするとよいでしょう。いろいろなところで行えます。会社に勤めているなら、会社に出入りしている外交員がいるかもしれません。外交員は特定の会社に所属しているのでその会社の商品の提案を含めた話をしてくれます。それでも基本的な必要性の話や商品の話は聞けるでしょう。その人に合った商品や保障などを提案してもらえます。以前はあまりありませんでしたが、今は特定の会社に属さないサービスが利用できます。街中であったりショッピングセンターなどで見かけられます。サービスなのでお金がかかりそうですが、単に話を聞いたり、最終的に契約をするとしても一切お金はかかりません。利用者がお金を払う仕組みではないので、気にせず利用ができます。

利用したいときに何か準備をした方がいいものがあるかですが、収入が分かるもの、貯蓄額が分かるもの、公的年金の状況が分かるものなどがあると良いでしょう。もちろんそれらの書類を持って行かなくても、メモなどに記入しておけば問題ありません。自分自身の今のお金に関する情報があれば、必要なお金に対してどれくらい足りないのかが分かります。死んだら3千万円必要な時、自分自身で1千万円既にあるのであればその差額の2千万円の保障が受けられるものに入ればよいでしょう。3千万円必要だから3千万円のものに入ると、無駄になってしまうので注意が必要です。その辺りもすべて聞いてくれますから、初めての人でも安心して話を聞くことができ、加入の手続きも行えます。話を聞いていてわからないところがあればどんどん質問しましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP