保険の相談をお考えの方必見~サイト6選

HOME > 保険の相談について > 加入している生命保険の見直しを検討する

加入している生命保険の見直しを検討する

生命保険に加入するきっかけは人によって異なります。自分で意識的に加入の申し込みをして加入をする人もいますが、若い人だとあまりいないかもしれません。多くの会社には外交員が出入りしていて、その外交員から話を聞いたりパンフレットをもらったりして検討するケースが多いようです。もちろん加入は必須ではないですが、話がうまい人が多いので必要だと感じる人がいます。社会人になったから、もうこの年だからといわれると何となく入ってしまう人もいるようです。入ったら入ったで安心してしまってそのままにしている人もいます。一応入っているけどもその内容を詳しく知らない人も多いようです。せっかく入るのであれば、自分に合ったものに入らないと意味がありません。保障が無駄だったり足りなかったりするかもしれません。

もし今加入しているのであれば、見直しのための相談をしてみましょう。まずは今加入している商品を提案してくれた人の聞くのも良いでしょう。ただ、聞きにくかったり、他社の商品の情報を知りたいかもしれません。その時に便利なのが街で聞けるサービスです。こちらでは、特定の会社に所属する担当者ではなく、ファイナンシャルプランナーが話を聞いてくれます。ですから、いろいろな商品の中から、その人にぴったりの商品を提案してくれます。まずは今加入している商品の内容をチェックしてくれ、さらに今必要な保障金額等がどうなっているかなどを計算してくれます。元々3千万円の保障で入っていたが、人によっては3千5百万円必要かもしれません。逆に2千万円に減っているかもしれません。それぞれの事情に応じて提案をしてもらえます。

今加入している商品の内容を知るには、証書と呼ばれる書類を用意します。また、毎年送られてくる年末調整用の書類なども使えます。こちらには、どんな保障がついているのかなどが分かるようになっています。定期タイプか、終身タイプか、特約として何が付加されているかなどもわかります。主契約部分では保障額を必要額に合わせるようにすると良いかもしれません。特約は、必要なものは新たに追加して、不要なものを外す等すると節約が可能になります。一度見直しをするとそれ以降はする必要がなくなるかですが、定期的に見直すと良いかもしれません。それは必要な保障額は事情によって変わるからです。貯蓄額や家族構成、収入などが変化すると変わります。子供が生まれた時に最も多くなり、それ以降は減っていくとされます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP