保険の相談をお考えの方必見~サイト6選

HOME > 保険の相談について > 自分に必要な保険の相談をしてみる

自分に必要な保険の相談をしてみる

人にはそれぞれリスクがあります。亡くなるリスクや病気やけがをするリスクが良く知られています。住宅に住んでいれば火災や地震のリスクがあり、自動車を保有していればトラブルに遭うリスクがあります。ただ道を歩いているだけでも沢山のリスクがあります。その時、今持っているお金などでカバーができるなら、特に問題はありません。それなりに高齢になって貯蓄があれば、別途準備をする必要はないでしょう。しかし、若い人などは貯蓄がありません。となると、自分のお金以外で何らかのお金が支払える準備が必要になります。それが保険になります。一般的には生保であったり損保などがあり、最近では第三分野などが知られるようになっています。ただ、自分には何が必要なのかわからない人も多いかもしれません。

その時にはファイナンシャルプランナーに相談をして、何が必要かを聞いてみると良いでしょう。多くの人が加入していると言われれる死亡に対する保障は、若い人や家族のいる人が加入していると良いとされています。若い人は貯蓄がありません。家族がいる人はその人がなくなると扶養してくれる人がいなくなり生活ができなくなります。ただ、若い人でも周りにいる人が自立をしているなら不要な場合があります。親が仕事をしているなら、別に入る必要はありません。サラリーマンになりたててで扶養家族がいないなら入る必要性はあまりありません。結婚をしたり子供ができた時に考えると良いでしょう。ただし年齢によって金額が変わるので、あまり入るのが遅いと負担額が多くなります。終身タイプを検討しているなら、早めに入るようにしましょう。

医療保障もどんなものに入ればよいか迷うところでしょう。日本の健保などの制度を見ると、通常は不要と言えるかもしれません。ただし、特定疾病に対応するものであったり、女性専用のもの、介護に対する保障があるものなど多岐にわたっています。こちらも年齢によって金額が変わり、しかも加入時の病状などが加入できるかどうかが決まります。若い時だと病気も少ないので入りやすいですが、40歳を超えて心配になるときは入りにくくなる可能性があります。親が病気で亡くなっているなどで心配な点があるなら早めに入ると良いかもしれません。特に心配をしていないなら、一定年齢までは入らなくてもいいかもしれません。今は病歴などがあっても入れるタイプがあります。条件が緩和されるものがあるので、入るときに元気であれば入れる商品があります。

カテゴリー

PAGE TOP